安全で安心な職場をつくるために

みなさま、こんにちは。ななお事務所のスタッフSです。

今日から6月
毎日暑いですね

先日、厚労省より、安全活動に関する書類が届きましたので紹介します(*^_^*)


労働災害のうち、4日以上仕事を休まなければならない災害は
年間12万件近くもありこのうち4割以上の災害は
小売業、社会福祉施設、飲食店などの第3次産業で発生しています。


このような労働災害を防ぐために
・『職場に潜んでいる危険』などを見つける
・『危険な箇所』などを知らせる
・『脚立や台車』などの使い方を学ぶ
などの安全活動をします


そのための活動内容として
4S活動=災害の原因を取り除く
KY活動=潜んでいる危険を見つける


4Sとは・・・整理 整頓 清掃 清潔
KYとは・・・危険 予知 のことです


危険がありそうなところは『転倒危険』  『墜落!転落危険』
など、ステッカーなど張り付けることによって従業員全員で共有することが大切です。
特に新しく社員を雇い入れた場合などには、
雇い入れ時に安全教育を行うなど、全員参加で意識を高めると良いと思います


ご相談も承っております
女性の社労士がきめ細やかで行き届いたサービスをご提供致します。
お気軽にご相談ください。


ななお事務所 ホームページ

http://nanao-sr.p-kit.com

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック